Windows UpdateのKB5003173 と KB5003214 が 0x80073701 で失敗する場合の対応策

Windows10 20H2の「Intel Corei3 M370」というCore-i3の第一世代の古いノートパソコンでの話です。
4月までのWindows Updateは正常にできていて、動作も問題ないパソコンです。ストレージはSSDです。

2021年5月の定例パッチのKB5003173 と、5月25日にリリースされた KB5003214 のWindows Updateを適用しようとすると、0x80073701というエラーになります。
KB5003173はヤバめの脆弱性への対応パッチなのでアップデートしたいところです。

kb5003173_0x80073701_1.png

そこで、0x80073701エラーの一般的な解決方法、

・Windows Updateのダウンロードファイルの削除
・DISMコマンドの実行
・sfcコマンドの実行
・Windows Update用「トラブルシューティングツール」の実行
・単発のインストーラーでのインストール
・Windows Updateカタログのリセット

を試したのですが、解決できませんでした。

タイミングよく「Windows 10 May 2021 Update」(21H1)がリリースされたこともあるので、思い切って21H1にアップデートしてみました。

kb5003173_0x80073701_2.png

kb5003173_0x80073701_4.png


再起動後のブルー画面でずっと87%のままの時は少しドキドキでしたが、アップデートはエラーなく成功しました。
でも、それで終わりではありませんでした。

KB5003173は、適用した21H1にアップデート分が含まれていたのか、Windows Updateを行っても現れなかったのですが、KB5003214の方はしっかりと未適用分として出現しました。

kb5003173_0x80073701_5.png

あー、やっぱりだめか?と思いながら「インストール」をクリックすると、なんと、KB5003214の適用も成功しました。

kb5003173_0x80073701_6.png

「Windows 10 のダウンロード」ページ
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10


ぐっどらっこ。