テクニカルインフォアーカイブ

OneDriveフォルダ(エクスプローラー)が不定期に勝手に開いてしまう現象の話です。

これ、勝手に開く時に、カーソルのフォーカスを取られてしまう時があって、超迷惑なんです。
どうも、古いパソコン(Windows7あたりからアップデートを重ねて長く使っている)に起こる現象のようです。
現象が起こっているパソコンは、Windows10 Pro 64bit 1909(最新アップデート適用)です。

ちなみに、私の場合、MicrosoftアカウントでOneDriveにサインインして、OneDriveを使っています。ですので、OneDriveをアンインストールしたり、自動起動しないようにする方法は使えません。

解決方法は、
OneDrive Starts Itself even after I close the application (Microsoft Community)
https://answers.microsoft.com/en-us/onedrive/forum/odoptions-oddesktop-sdwin10/onedrive-starts-itself-even-after-i-close-the/0fcc8170-e83c-4003-8417-bd1d07528161?page=2#LastReply
に書いてありました。
私の場合もこれで解決しました。

以下、方法です。
1.コントロールパネル→管理ツール→タスクスケジュラーを起動。
2.タスクスケジュラー画面の左側で「タスクスケジュラーライブラリ」をクリック。
3.中央部の一覧から
   Microsoft OneDrive Auto Update Task-S-xxx....
  を探しクリック①、画面下部の「操作」タブ内の「プログラムの開始」に
   %localappdata%\Microsoft\OneDrive\OneDrive.exe /autoupdate
  と表示されていることを確認したら、右側の「無効化」をクリック②。
  現行のOneDriveの設定もあるので間違えてそちらの設定を変更しないように注意。

onedrive_folder_window_open_unexpectly.png

以上です。
これで、もう、OneDriveのウインドウが勝手に開くことはなくなります。

ぐっどらっこ。

私が使う画像編集機能は、
・トリミングや回転
・サイズ変更
・色調整
・明るさの調整
・文字入れ
・四角や丸、直線の挿入
・部分的なモザイク加工
・再編集
なのですが、これまでいろいろな無料ソフトウェアを使ってきましたが、どれも帯に短しで、これだ!というものがなかったのですが、ようやく素敵なソフトウェアと出会えました。

マイクロソフトストアで提供されている

PhotoScape X

photoscape-x1.png

です。
上記の機能すべてが「無料版」で利用可能です。
操作途中で、さらに使いたい機能が「Pro版のみ提供」のサインが表示されているときは、Pro版購入(5000円くらい)の時です。

ぜひ、お試しください。

ぐっどらっこ。

国立情報学研究所(NII)が、2020年5月7日に、

データダイエットへの協力のお願い:遠隔授業を主催される先生方

というタイトルで、主に大学の先生方に向けたお願いのメッセージを発信しています。

nii_logo.gif

・オンライン授業は通信量(データ量)が極力小さくなるように工夫しましょう。
・空いた通信回線の容量は、小学校低学年などFace-to-Faceが必要となる教育や障がい者への合理的配慮など必須の分野へ使ってもらいましょう。

本当に通信量を必要とする小学校向けにインターネットの通信量を減らしてあげましょう!という趣旨なのですが、ダイエットする側にも、メリットがあります。

オンライン授業(ビデオ会議)を円滑にすすめるためにいちばん重要なことは、「相手の声が途切れることなく明瞭に伝わること」です。通話中に、声が途切れたり、遅延、聞きづらかったりすると、話の本題以前に気が通信品質の方へ行ってしまい、授業に集中しづらくなります。
データダイエットは、必要とする人へ回線を渡してあげるだけでなく、自分たちの授業に参加するすべての人がスムーズに授業を進められるというメリットをもたらしてくれます。

上記のNIIのページには、データダイエットの具体的な方法が書かれていますが、その中でも、

画面共有による資料提供中心の授業は通信量が大幅に少なくなります。先生が黒板の前で動き回る授業はデータ量が非常に増えます。

は、最大のポイントです。
こうすることで、同時に多くの先生がオンライン授業を行う学校のインターネット回線を圧迫すことなくオンライン授業を開催できるのです。

話変わって、

4月からの大学等遠隔授業に関する取組状況共有サイバーシンポジウム

には、オンライン授業に関するいろいろなヒントが書かれていますので、ぜひ読んでみてください。

ぐっどらっこ。

スマホでウェブカメラを代用する

ウェブカメラのないデスクトップパソコンなどで、顔を見ながらビデオ会議したいとき、スマホがあればウェブカメラの代わりに使うことができます。

smartphone_webcam.jpeg

用意するものは、
●スマホ側  専用アプリ
●パソコン側 専用アプリ
です。

パソコンとスマホを接続する方式は、
●無線LAN
●USBケーブル
があります。
USBケーブルの方が、映像の遅延が起きにくいのと、充電しながら使えるのでおすすめですが、初期設定がちょっと難しいかもしれません。ただ、チャレンジする価値はあります。
USB接続で利用する場合は、「USBデバッグ」をオンにする必要がありますが、その設定画面を表示するためには「開発者向けオプション」を有効化する必要があります。
「開発者向けオプション」を有効化する方法は以下のページを参照してください。

開発者向けオプションと USB デバッグの有効化(Google)

さて、ポイントとなる「専用アプリ」ですが、巷で今流行っているものは
 iVCam
でしょうか。

使い方については、
【Web会議のカメラ問題】おすすめアプリは「iVCam」スマホ(iPhone)をウェブカメラ化する方法はコレだ!(特選街web)
さんで詳しく説明してくれています。

もうひとつ専用アプリをご紹介します。
 DroidCam
です。
こちらは、
AndroidスマホをWebカメラにしてテレワーク(インプレス社 ケータイ Watch)
さんで詳しく説明してくれています。

両アプリとも、フロントとリアカメラの切り替えや、Wi-FiとUSBの切り替えができます。
個人的には、U/Iは英語ではありますが「DroidCam」の方が好きです。
また、両アプリとも、機能制限ががなく広告表示のない有料版があります。

ぐっどらっこ。

食店のメニューとか、「1行の中にページ名とページ」が書かれたもくじのように、Word文書で、右端の項目だけを右揃えにしたいときってありますよね?
下図のようなケースです。

【図1】
right_align1.png

方法はいくつかあると思います。例えば、透明な罫線の表にしてしまうとか...。
今回は、「すでに入力済みの文章がある」ケースでの調整方法を説明します。

お飲み物
・びんビール       500円
・ワイン(フルボトル)  2,000円
・コーラ         200円

な感じで、すでに入力してしまった文章があるとします。
そして、項目の間、つまり上図の③部分はタブが入力されているとします。

操作手順は次のとおりです。

1.びんビール から 一番下の 200円 までをドラッグします。

right_align2.png

2.図1の①の部分を 」(右揃えタブ)アイコンになるまで何度かクリックします。

3.ルーラー行内で、右端としたい位置(例:図1の②の部分)をクリックし 」 を表示させます。
※ルーラーが表示されていないときは「表示」タブのリボン内の「ルーラー」にチェックを入れます。
※すでに存在しているタブのマークを削除するときは、そのマークをルーラーの外(上下方向)にドラッグします。

4.右揃えタブを設定後、右端の項目がずれてしまったときは項目の間(下図の③)にある余分なタブを削除します。

right_align3.png

できましたか?
これで、また、Wordマイスターに一歩近づきましたとさ。

ぐっどらっこ。

いつも迷うのでメモ。

iPhone
 Lte's Draw(手書き) と Snapseed(切り抜き、ファイルサイズ縮小)

photo_draw_app2.png

android
 Let's Draw(手書き Pixelでは使用不可)または Polish(手書き) または DrawNoteK-手書きメモ(手書き)と Snapseed(切り抜き、ファイルサイズ縮小)

photo_draw_app1.png

ぐっどらっこ。

新コロの影響で、テレワークが盛んに導入されている今日このごろですが、これまでば実際に会って開催していた打合せを、パソコンやスマホを使って「ビデオ会議」で行う場合も増えて来ていると思います。

ビデオ会議の実現するサービスとしては、
・Google Meet
・Google Hangout(無料)
・Microsoft Teams
・Microsoft Teams(無料)
・Zoom(無料・有料)
・スカイプ(Skype)(無料)
など、色々ありますが、
今回は、パソコンはブラウザを使って、スマホ(androidやiPhone)はSkypeアプリを使って、ユーザー登録無しで利用できる「スカイプ」を紹介します。

なお、スムースで快適な会議を行うために、片耳で、イヤホンマイクやハンドセットを使うことを強くおすすめします。
ビデオ会議利用者のためだけでなく、周囲の人への配慮につながります。パソコンのスピーカから出る音は意外と周囲の人には気になる音に聞こえます。片耳にするのは、周囲の呼びかけに対応できるようにするためです。ビデオ会議に集中したいのであれば、両耳タイプを使うか、個室で行うのも良いと思います。


上記製品は、PS4用と書いてありますが、ノートパソコンやスマホでも使えます。ただし、プラグは4極です。マイクとヘッドホンの差込口が別々のパソコンでは使えません。

また、同じ部屋で複数の人が参加する場合、参加者1人に対して1台のパソコンを使用することをおすすめします。

特徴としては、
・パソコンではブラウザ(ChromeやFirefox、Chromium版のEdgeなど)があればOK
・スマホではスカイプアプリが必要
・主催者も参加者もユーザー登録が不要
・最大50人まで参加可能
・音声とカメラ映像とチャットが利用できる
・画面共有ができる
・録音や録画はできない。スクショはとれる
・ゲストアカウントの有効期間は24時間
・背景ぼかしもできるようになったらしい
です。

それでは、手順です。
今回はパソコンとパソコンによる、計2名の場合の説明です。

まずは主催者がわの操作です。

1.GoogleやYahooで「skype free」で検索します。
  直接、https://www.skype.com/ja/free-conference-call/ にアクセスしてもOKです。

skype_free_01.png

2.「無料の会議を作成」をクリックします。

skype_free_02.png

3.コピーアイコンをクリックして、URLをクリップボードにコピーしてから「通話を開始」をクリックします。ここでクリップボードにコピーされたSkype会議室のリンクは下記の9番で利用します。それまで「コピー」操作はしないでください。(なお、クリップボードを上書いてしまっても9番で会議室のURLを再取得できます)

skype_free_03.png

4.「Skypeを開きますか?」という画面が表示された場合は「キャンセル」をクリックします。

skype_free_04.png

5.「ゲストとして参加」をクリックします。

skype_free_05.png

6.自分の名前を入力後、「参加」をクリックします。「参加」をクリックしても無反応ですがしばらく待ちます。

skype_free_06.png

7.「通話を開始」をクリックします。

skype_free_07.png

8.カメラのON/OFF、マイクのON/OFFを指定後、「通話を開始」をクリックします。

skype_free_08.png

ブラウザがカメラやマイクデバイスにアクセスした際、以下のような画面が表示されることがあります。その場合は「許可」をクリックします。

skype_free_11.jpg

9.メールソフトを起動して、参加者へ会議室のURLを送信します。会議室のURLは3番の操作でクリップボードに入っているので「貼り付け」操作で貼り付けができますが、クリップボードのデータが消えてしまった場合は、「会議」をクリックして「他のユーザーが参加するためのリンクを共有する」をクリックして、次画面のコピーアイコンをクリックしてクリップボードにコピーしたものをメール本文に貼り付けます。

skype_free_09.png

次は、参加者の操作です。

10.参加者は、主催者から受け取ったメールに記載されている会議室のURLをクリックします。
ここで注意する点があります。メール内のURLをクリックした時に起動するブラウザが推奨ブラウザではないIEや旧Edgeの場合は、メール本文に記載のURLをコピーしてから、Chromeなどの推奨ブラウザを起動して、ブラウザのアドレス欄に貼り付けてEnterを押します。
そうすると、上記4番の画面が表示されますので、4番からの説明の通りに操作を進めます。

ここからは、主催者と参加者で共通の操作です。

11.会議が可能な状態になりますので、会議を進めます。
・マイクのON/OFF
・カメラのON/OFF
・チャット
・画面共有
・さらに参加者を追加したい場合の会議室リンクの取得

skype_free_10.png

12.会議を終了するには11番の画像内の「会議終了」をクリックし、次の画面で「グループから退出」をクリックします。主催者、参加者がこの操作を行います。

skype_free_12.png

以上です。

スマホで参加する場合はSkypeアプリが必要なので、インストールしてください。iPhoneでもandroidでも利用可能です。
それでは、素敵なビデオ会議ライフをお過ごしください。

ぐっどらっこ。

学校で、授業などにビデオ会議サービスを使っている方も多いと思いますが、やはり問題になるのがデータ通信量です。
大学生の中には、アパートで、地上プロバイダーの契約をしていないのでスマホキャリアのデータ通信に頼らざるを得ない人がいて、しかも3GBとか6GBとかの契約で済ませてる人も少なくないはずで、そんな人にとってはビデオ会議サービスを使う授業は現実的に難しい状況です。

そこで気になるのが、ビデオ会議システムの違いで、データ通信量にどのくらいの違いがあるのか?ですが、とてもタイムリーに紹介してくれているページがありましたので紹介します。

窓の杜 「主要なテレカンツールのデータ通信量ってどのくらい?」 (今井 孝さん 2020年4月22日の記事)

です。

1時間あたりの比較で、
●動画を使うと
Hangout Meet 800MB~1.5GB
Teams 700-800MB
Zoom 500MB~1.4GB
●音声のみは
Hangout Meet 数十MB
Teams 数十MB
Zoom 数十MB


(「主要なテレカンツールのデータ通信量ってどのくらい?」ページより)

というわけで、ビデオ会議による授業のスタイルとしては、資料は事前に配布し、基本は音声のみにして、動画(教師の顔、画面共有など)の利用は必要最小限にとどめたほうがよいでしょう。

快適なビデオ会議のコツをこちらで説明していますので読んでみてください。

大手キャリア、MVNOさんには、この3つのビデオ会議サービスはカウントフリーにする英断をしていただきたいです。
ご検討のほど、どうかよろしくお願いします。m(_ _)m

窓の杜の今井さん、貴重な情報をありがとうございます。

ぐっどらっこ。

お手軽・簡単にテレワークを実現する方法をご紹介します。

自宅のパソコンから会社のパソコンを操作することで、テレワークを実現します。

NTT日本と情報処理推進機構(IPA)が共同で緊急構築し、2020年4月21日から2020年10月31日まで無償開放するシステムです。

詳細は以下を見てください。
NTT 東日本 - IPA 「シン・テレワークシステム」
https://telework.cyber.ipa.go.jp/news/

簡単に説明すると、

・会社の PC に「シン・テレワークシステム サーバー」 をインストールします。
・自宅の PCに「シン・テレワークシステム クライアント」をインストールします。
・「グローバル IP アドレス」や「固定 IP アドレス」などが不要です。
・NAT やブロードバンドルータの内側にある PC に、インターネットからアクセスできます。
・ユーザー登録、申込み、契約は不要で、4/21から期間限定(10/31)で利用することができます。
・TTクライアントからTTサーバーへは、DDNS(コンピュータID.softether.netか?)で接続先を見つけて接続します。
・(04/24追記)「社内 LAN における 「シン・テレワークシステム」 の利用禁止規制の仕組み (2020/4/24 ~ 提供開始)」。会社からインターネットへの出口のIPが固定の場合に有効。

です。

経費をかけずにテレワークしたい中小企業向けにはうってつけのサービスです。

ぐっどらっこ。

Windows 10で、Adobe の Acrobat Reader DC を使っている時の話です。

PDFの中に記載されたホームページのアドレスをクリックすると、

以下へのサイトの接続は Adobe Acrobat の設定によりブロックされています。

というセキュリティブロックのメッセージが表示され接続できまんせんでした。

pdf_url_block0.png

以下の設定を行うと接続できるようになります。

Adobe Readerを起動している状態で
1.メニューの「編集」→「環境設定」をクリックします。

2.環境設定画面の左サイドメニューから「信頼性管理マネージャー」をクリックして、画面右側の「設定の変更」をクリックします。

pdf_url_block1.png

3.次の画面で、「PDF ファイルがすべての Web サイトにアクセスするのを許可(W)」を選択します。

pdf_url_block2.png

4.OKを何回かクリックして最初の画面に戻ります。

再度、PDF内のホームページのアドレス(URL)をクリックしてみてください。
ホームページを表示できましたか?

ぐっどらっこ。