HP ProDesk 400 G5 SFFのHDDをMinitoolのShadowMakerでSSDにクローンした話

Core-i3 8100、メモリ4G、HDD500GBと、事務用では、まあ人並みのスペックのデスクトップパソコンなのですが、これが、HDDに負荷のかかる作業をするとめちゃくちゃ遅い!ということで、SSDに交換することにしました。

最初、EaseUS Todo Backupを使ってクローンを始めたのですが、1%進むのに20分くらいかかる現象。
コンパネの「電源オプション」で「高パフォーマンス」にしてあったのですが...。
そこで、違うクローン用のツールを試すことにしました。
Crucial用のAcronisは、なぜかCrucial製SSDを認識してくれなくて利用できず。デスクトップPCはだめなのか?
で、見つけたのが、

MiniTool の ShadouMaker 3.5 無料版

USB接続したSSDに、70GBを使っていたHDDをクローンするのに50分かかって、無事クローン作業は終了。
ストレージを交換して電源ON。エラーなくWindows 10が立ち上がりました。
ちなみに、今回買ったSSDは、Crucial SSD 500GB MX500。Amazonで6770円(税込)。

以下、手順とスクショです。

1.
https://jp.minitool.com/
ページ上部のメニューより「ダウンロード」をクリックします。

shadowmaker_1.png

2.
Tools → Clone Disk を選択します。

shadowmaker_2.jpg


3.ソースディスクとターゲットディスクを選択します。

shadowmaker_3.jpg

4.クローニングが始まります。

shadowmaker_4.jpg

25MB/秒ってことは、70GBの転送には、単純計算で2800秒かかる計算。

shadowmaker_7.jpg

5.おーーー、無事にクローニングが終わりました。

shadowmaker_8.jpg


今回は、デスクトップPCなので楽ちん交換。

ぐっどらっこ。