「このページでは Googleマップが正しく読み込まれませんでした」エラー

Google マップ プラットフォームがリリースされるとともに、GoogleマップをAPIを使って表示する際には、課金設定が有効になった(クレジットカードを登録してある)プロジェクトから払い出したAPIキーが必須となりました。

完全実施日は2018年7月16日で、この日以降、上記のルールを守っていないページでは、

エラーが発生しました。このページでは Googleマップが正しく読み込まれませんでした

と表示されます。

google_maps_pricing_changes2.png

本件に関する詳細は

Google Maps Platform 既存ユーザー用ガイド

を参照してください。
どんな場合にAPIキーが必要で、いくらかかるかなどについては、

Pricing and Plans (英語)

に掲載されていますが、現在利用中の方式がなにかわからない人は、GoogleがChromeブラウザ用に提供するチェッカー用プラグインをインストールして確認すると良いでしょう。

Google Maps Platform API Checker

下図のような場合は、対処が必要です。

google_maps_pricing_changes1.png

ぐっどらっこ。