Thunderbird 91.3.2 の「設定」を開くとクラッシュする

Windows 10 21H2 の古めのパソコンなのですが、Thunderbird を91.3.2にバージョンアップし再起動したところ、Thnuderbirdが立ち上がって受信トレイは表示され、メールの送受信は問題ないものの、「設定」を開くと、その後は何をクリックしても無反応で、1分くらいすると、メモリを食い尽くして、Thunderbird がクラッシュします。

thunderbird_crash_3.png

thunderbird_crash_1.png

●クラッシュレポートの一部

AdapterDeviceID: 0x1287
AdapterDriverVersion: 27.21.14.5671
AdapterSubsysID: 108110de
AdapterVendorID: 0x10de
Add-ons: ...
AvailablePageFile: 2373210112
AvailablePhysicalMemory: 520609792
AvailableVirtualMemory: 160247808
BlockedDllList:
BreakpadReserveAddress: 126484480
BreakpadReserveSize: 83886080
BuildID: 20211117150618
CPUMicrocodeVersion: 0xa
ContentSandboxCapable: 1
ContentSandboxLevel: 1
ContentSandboxWin32kState: Win32k Lockdown disabled -- Preference not set
CrashTime: 1637650495
DOMIPCEnabled: 1
FramePoisonBase: 0000004041080832
FramePoisonSize: 65536
GPUProcessLaunchCount: 1
GPUProcessStatus: Running
InstallTime: 1637373468
LauncherProcessState: 0
ModuleSignatureInfo: ...
MozCrashReason: MOZ_CRASH()
Notes:
FP(D10-L1100-W00001000-T000) DWrite? DWrite+ WR? WR+ OMTP? OMTP-
OOMAllocationSize: 25616
ProductID: {3550f703-e582-4d05-9a08-453d09bdfdc6}
ProductName: Thunderbird
ReleaseChannel: release
SafeMode: 0
SecondsSinceLastCrash: 2339
StartupCrash: 0
StartupTime: 1637650411
SystemMemoryUsePercentage: 93
...

アドオンをすべてオフにしても同じ現象、
「グラボを使わない」設定にしても同じ現象です。
「設定」を開かなければ問題なく使えます。

トラブルシューティングモードで起動すると「設定」タブが開いた状態でも正常に操作ができる(アドオンと「設定」の一部を除き、動作OK!)ので、まずはトラブルシューティングモードで起動して、「設定」タブを閉じましょう。

トラブルシューティングモードで起動するには、SHIFTキーを押しながらThnderbirdの起動ショートカットをダブルクリック(タスクバーのアイコンならシングルクリック)し、以下の画面で「トラブルシューティングを続ける」をクリックします。

thunderbird_crash_2.png

原因不明です。
言語パックの問題では?という情報もあります。

Latest versions of Thunderbird all crash when entering Preferences menu (reddit)
原因ですが、言語パックがインストールされていると本現象が発生する模様です。「三本線アイコン」→「アドオンとテーマ」→左の「言語パック」から、登録してある言語パックをすべて削除すればクラッシュしなくなります。他の言語のThunderbirdを使いたい場合は、こちらからダウンロードするしかないのかもしれません。

thunderbird_crash_4.png

thunderbird_crash_5.png

ぐっどらっこ。