突然、Windows7の動きがもっさりするようになりました。
全体的に動作が遅いんです。
特に顕著なのは、日本語変換で候補が表示されるのに時間がかかったり、ファイルやフォルダーを右クリックすると、いつもはスパッと表示されたメニューがいつまでたっても表示されず、マウスカーソルがぐるぐる表示になります。
でも、CPUやディスクのI/Oの負荷はそれほどでもない。

ふと、システムトレイに赤い×マークの付いた黄色いアイコンがいるではないですか。
いつの間に。犯人はこれかと。
「ノートン セキュリティ」なる、百害あって一利なしのソフトがいつの間にかインストールされていて、そいつがいつの間にが自分の都合で不具合を起こしている模様。FLASHとかJAVAとか、アップデートする時にオプションのチェックをはずし忘れるとスルッとインストールされてしまうんですよね、これ。

さっそくアンインストール作業を。
コントロールパネルの「プログラムと機能」からアンインストールを試みるも、一向にアンインストールする気配がない(タスクマネージャーで確認しても、何もしている様子がない)ので、タスクマネージャーからノートンのアンインストーラーをいったん強制終了。

気を取り直して、
https://support.norton.com/sp/ja/jp/home/current/solutions/v60392881_EndUserProfile_ja_jp
のページを見ながらツールをダウンロードして実行。
この時、使用許諾の同意後の次の画面で、「拡張オプション」を選んで「削除」のみで進めましょう。説明通りにすすめると、また、ノートン セキュリティがインストールされてしまいます。

notrton1.png

今回は終わるまでじっとがまん。10分以上かかったように思います。
パソコンを再起動しろと言ってくるので、ノートンの画面内の「今すぐ再起動ボタン」をクリックして再起動します。

再起動後、うそのようにパソコンがサクサクと動くようになりました。
本当にだめだめなシマンテックさんです。

ぐっどらっこ。

Google FormやSpreadsheetなどで作成したスクリプトは、Google Apps Scriptサイトで一括管理できる。

https://script.google.com/home/

google_apps_script.png

先日、Googleさんから、

Google アカウントで見つかった 1 件のセキュリティの問題を解決してください

アカウントで 1 件のセキュリティ問題が検出されました。
セキュリティ診断がアップグレードされ、ユーザーごとにカスタマイズされたおすすめの方法で Google アカウントのセキュリティを強化できるようになりました。
所要時間は 2 分ほどです。今すぐ診断を実施してアカウントのセキュリティを強化するための対応策をご確認ください。

というメールが来たので、何も考えずに、指摘された承認済みアプリを削除したら、なんとそれは、Formから使っていた自前のスクリプトで、削除後、フォームからのメールが届かなくなってしまった...という事件があったのですが、その時に、色々調べていたら発見したのが上記の画面です。
まあ、別にめずらしいものではないのですが、知らない人は知らないんだなぁと思っての情報です。

ぐっどらっこ。

初しぼりかめぐち酒(新潟県柏崎市 石塚酒造)

石塚酒造

毎年、2月の上旬から中旬にかけて、「初しぼりかめぐち酒」が販売開始となります。
今年は2月10日頃の予定で、ただいまご予約受付中とのこと。

himenoi_hatsushibori.jpg

このお酒は、四段仕込みの新酒の生原酒で、かめぐち酒の独特なコクを堪能できるお酒になっています。

こちらのお酒は柏崎市周辺の酒屋さん、もしくは石塚酒造で購入できます。
気になるかたは石塚酒造でぜひご予約を。人気商品なので、売り切れ必至です。
送料は↓こちら。FAX用オーダー用紙は こちら です。

himenoi_shipping_cost.jpg

ちなみに、本日まで、「ふるさと祭り東京2018」(東京ドーム)に出店中だそうです。

ぐっどらっこ。

さくらのレンタルサーバーで、Wordpressではないウェブサイトの常時SSLを行うおうと、さくらインターネットのサポートサイトの記事を見ながら、

SetEnvIf REDIRECT_HTTPS (.*) HTTPS=$1
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on
RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

skura_ssl_redirect.png

の設定を .htaccess に行い、概ねうまく動いたかのように思えたのですが、
トップページで使っている、rss.php というプログラムとJSで読み込んだ、RSSフィードの表示ができなくなりました。
htmlからは
<div id="feed">
</div>
で読みこむタイプの、よくあるfeedの表示方法です。

普通にHTTPSでアクセスすると表示されるのに、上記のredirectを.htaccessに記述すると表示されなくなります。

どうも、フィードの処理の中でリダイレクトループが起きているような感じです。
さくらのレンタルサーバーでは、SNIのSSLではリバースプロキシを使っているようなので、それを踏まえた上で、ループを防ぐために1行加えてみました。

SetEnvIf REDIRECT_HTTPS (.*) HTTPS=$1
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on
RewriteCond %{REMOTE_ADDR} !=999.999.999.999 ←この行★★★
RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

999.999.999.999はレンタルサーバーのIPアドレスです。
Windowsならコマンドプロンプトで、
nslookup xxxxxxxxx.sakura.ne.jp(←初期ドメイン)
で表示されたIPアドレスを指定します。
なお、=のあとにスペースをあけてはいけません。FQDNでもだめです。IPアドレスを指定しましょう。

あと一歩というところで、「常時SSLがうまく動かない」とお悩みの方はお試しください。

ぐっどらっこ。

いまさらな情報ですが、今でも、これで悩む人がいるようなので。

Windows 7で、Windows Updateを実行すると、

「新しい更新プログラムを検索できませんでした。
現在サービスが実行されていないため、Windows Updateで更新プログラムを確認できません。このコンピューターの再起動が必要な可能性があります」

wu_not_working_w7.jpg

というメッセージが表示され、Windows Updateができないという問題についてです。

原因は、12月4日のWindows Updateとアップデートサーバーにあり、現在では、その問題は解決しているのですが、当時のあおりを食らって、今でも、Windows Updateに失敗し続ける人がいるようです。

その場合は、

Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以前の環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する

に記載されている「Windows Update クライアントの情報をクリア」するバッチファイルをダウンロードして、そのページに記載のお手順で実行しましょう。
あっさり直ります。

ぐっどらっこ。

以下は、解決手法の一例です。

Windows 10で、BASIC認証が設定されているサイトへ、Internet Explorer 11を使ってアクセスすると、BASIC認証のユーザー名/パスワードを入力する画面が、IE11のウィンドウの背面に隠れて、まるでIE11が無反応になってしまったように見えることがあります。

ie11_basic_auth.png

「あー、うしろかぁ」と気づけばいいのですが、ぼーっとしていると、「このサイト、おかしいんじゃないか?」と、とんだ言いがかりをつけて、しばし悩んでしまうこともあります。

そんな時は、そのサイトを「信頼済みサイト」に追加しましょう。

「信頼済みサイト」に追加するには、
IEのメニューより、「ツール」→「インターネットオプション」→「セキュリティ」タブ→「信頼済みサイト」アイコンをクリック→「サイト」ボタンをクリック→サイトのURLを入力→「OK」→「OK」を設定した後、IE11を再起動します。

今度は、ちゃんと表面に認証画面が表示されると思います。

ぐっどらっこ。

androidスマホのブラウザ Chromeのアドレスバーを画面の下に移動すると、設定アイコンのタップがしやすくなって、片手操作が楽になります。

chrome_home1.png

これ、「Chrome Home」と呼ばれるChromeの新しいUIで、2016年の終わり頃に試験的に利用できるようになっていたのですが、最近、一部の端末では既定で適用されるようになったので、アドレスバーがある日、突然、下へ移動して「あれっ?」と思った人もいるかもしれません。

アドレスバーが下に表示される「Chrome Home」モードにするには、次の操作を行います。

1.Chromeのアドレスバーに chrome://flags と入力し、Enterをタップします。

2.三点アイコンをタップ、メニューから「サイト内検索」をタップして home と入力し検索すると「Chrome Home」というセクションが見つかりますので、その設定を「Enabled」へ変更して、Chromeを再起動します。

chrome_home2.png

アドレスバーを画面の上へ戻すには、2の操作で「Default」または「Disabled」にすればOKです。

Chrome Homeモードでは、アドレスバーが単に下へ移動するだけでなく、新規タブの追加時の動作や、お気に入りや履歴の表示時の操作も以前とはちょっと変わって使いやすいです。(少し慣れが必要かも)

つらい片手操作にお嘆きの方はぜひお試しを。

ぐっどらっこ。

AQUOS LC-40U30でYoutubeが見られない場合は

以前は見ることができた。
ソフトウェアも最新。
ネットもつながっていて、YouTubeは起動するし、検索もできる。
でも、「読み込んでいます」と表示され再生ができない。スマホからのキャストでも同じ。

そういえば、再生できている時は、テレビのリモコンでYouTubeのキー操作中に、ぽこっ、ぽこっというクリック音がしたんだけれど、この状態になるとその音がしなくなるのが典型的な症状。

そんな時は、テレビの電源コンセントを抜いて、5分位放置しましょう。5分経ったらコンセントを差し込み、電源をオンにします。
これで復活します。

aquos-lc40u30.jpg

ぐっどらっこ。

大変お待たせしました。
らくらくスマートフォンとの戦い、らくらくスマートフォン4 F-04J編です。
らくらくスマートフォン3 F-06F編はこちら。
基本的には、らくらくスマートフォン3 F-06Fと同じですが、Google Playが使えるようになったのは、影響というかメリットがでかいです。
でも、ここまでやるのなら、らくらくじゃなくて、普通のスマホでいんじゃねぇ?って感じがします。強く押し込まないと「押す」ことにならない「らくらくタッチ」機能だけあればいいのではないかと思う今日このごろです。

2017/12/23 更新
以下、らくらくスマートフォン4 F-04Jの使い方のまとめです。

rakuraku4_1.png

1.Googleアカウントを用意して、スマホの説明書を見ながら設定をしましょう。

購入したドコモショップではGoogleアカウントの取得や、スマホへのその設定はしてくれませんでした。

2.じゃまなしゃべってコンシェルのホーム画面のヒツジを消す

ホーム→「しゃべってコンシェル」→「メニュー」→「マチキャラ設定」→「表示しない」に。

3.うざいiチャンネルを止める
●iチャネルの表示を消す
ホーム→「本体設定」→「画面・ランプの設定」→「ホーム画面の設定」→「iチャネル」→「常に表示しない」に。
●iチャネルの契約、解約、契約状態確認
ホーム→「dメニュー」→「お客様サポート」→「各種お申込み・お手続き」から。

4.面倒なWi-Fi設定
ホーム→「本体設定」→「通信の設定」→Wi-FiをON/OFFに。
ホームの最上部の通知エリアを押して、通知パネルを表示させて「簡単モード切替」からもできる。

5.Wi-Fiでメールを使えるようにする(いつの間にかドコモメールになっていた)
Wi-FiをOFFにしてから、
ホーム→「メール」→「設定」→「その他」にて、「かんたんWi-Fi設定」と「Wi-Fiメール利用設定」と「パスワード設定」。機種変の場合でも、改めての設定が必要。
詳しくは↓。
https://www.nttdocomo.co.jp/service/provider/spmode/function/mail/usage/set_up/wifi/
なお、設定が終わったら 、Wi-FiをOFFにした状態で、「ホーム」→「メール」→「設定」→「その他」→「マイアドレス」をタップし、「マイアドレス情報を更新します」にて「OK」をタップする操作を忘れずに。
SPモードメールをWi-Fiで使う場合、3ヶ月ごとに、Wi-FiをOFFにしてからこの「マイアドレス情報を更新します」操作が必要。こんな面倒な操作が必要なのであれば使い物にならない。こんな設計をする技術者は大バカ。

6.docomo IDの設定
ホーム→「設定」→「ドコモのサービス/クラウド」→「docomo ID設定」から。
登録方法
 https://id.smt.docomo.ne.jp/cgi8/id/register
IDの確認方法
 http://id.smt.docomo.ne.jp/src/utility/pc/idpwchange.html
まともに使えるようにするまで、いったいいくつのパスワードを設定しなければならないのか?こんな設計をしたドコモの技術者は大バカ。

7.海外で電話を使えるようにする
日本でWORLD WINGを契約しておくだけ。あとは、その国で電源を入れれば、自動的に使えるようになるので、本体の設定は何もしなくていい。
海外でパケット通信を使えないようにするには、ホーム→「設定」→「通信の設定」→「モバイルネットワーク」→データローミングをOFFに。

●日本へ電話する方法
電話帳からはかけられないので、電話帳を見て番号を控える。
 ↓
0を長押し。
 ↓
「8」「1」を押したのち、相手の電話番号先頭の0(ゼロ)を除いた番号を入力。
 ↓
「電話をかける」を押す。
●その国の中の施設へ電話する
施設の電話番号を市外局番から入力して「電話をかける」を押す。
●その国の中の日本人の携帯へ電話する
日本へ電話する場合と同じ。

8.ドコモアプリパスワードの設定
「ホーム」→「設定」→「ドコモのサービス/クラウド」→「ドコモアプリパスワード」から。
初期値は「0000」。

9.オプションサービス解約
おいおいに。
契約時に、なにも知らない高齢者に、つき次にオプション契約をさせるドコモショップの店員は詐欺師。オレオレ詐欺の犯人と同じ。

10.プランと料金
カケホーダイ、契約可能。ライトもある。
データ通信分は、らくらくパックは受付終了なので、データパックS(2GB)3500円/月が最低料金。
というわけで月額料金は
・カケホーダイ 2,700円
・spモード 300円
・データSパック 3,500円
6,500円/月と超高額!。

11.キーボードと文字入力
・キーボードは「テンキー」と「手書き入力」だったが、英数のみGoogleキーボードでQWERTYが使えるようになった。ホーム→「本邸設定」→「その他」→「キーボードと入力」→「現在のキーボード」で設定できるかも。→「 Super ATOK ULTIAS for らくらく」にしていとQWERTYは使えない。
・「テンキー」での入力は、「ケータイ入力」と「らくらく2タッチ」(←フリックもどき)の2種類がある。
・「文字」を押すと、文字種別切替メニューが表示される。
・漢字変換は、ひらがなを入力している途中で「予測変換」機能が働くので、通常は自動的に表示された候補から選択する。もし変換が行われない場合は「変換」を押す。また、予測変換の候補に目的の文字がない場合は「次の候補」を押す。(「次の候補」を押すと画面全体に候補が表示されるので、目的の文字を押すか、「閉じる」を押して「テンキー」へ戻る。)

12.アプリ
アプリには「基本アプリ」と「カテゴリー別アプリ」と「Google Play」がある。アップデート操作を行う場所が違うので面倒。
LINEも使えます。
モバイルSuicaも使えるようになりました。
Gmailアプリも使えます。

13.マナーモード
・ホーム→「設定」→「簡単モード切替」→「マナーモード」→「オン」/「オフ」で。
・本体左側面の音量ボタンの「-」を長押しでも可。

14.機内モード
・ホーム→「本体設定」→「簡単モード切替」→「機内モード」→「オン」/「オフ」で。
・本体左側面の電源ボタンを長押しし、表示されたメニューからの選択でも可。

15.スクリーンショット
電源ボタンと音量マイナスを1秒以上押す。
確認はホーム→「アルバム」から。

16.パソコンメール
ホーム→「便利ツール」→「パソコンメール」から。

17.困ったときは
らくらくホンセンターへ電話する。かならず、家電、もしくは他の電話から電話すること。
ホーム→「らくらくホンセンター」→「電話する」で電話してもいいけど、電話操作をして確認する類の質問は、結局、別の電話からのかけなおしになる。

18.着信中の音量調整
できます。側面の+かーを押します。

19.ドコモメール
使えます。

20.スマホからプリンターへの直接印刷
できる。「らくらく簡単写真印刷」というプレインストールのアプリを使うと、EPSONのプリンターに直接印刷できる。対応プリンターはこちら

21.毎月の利用額をメールでお知らせ
できる。
ドコモご利用額お知らせメール から登録する。

22.結局、パスワードはいくつ設定しないといけないの?
5個。パスコードを入れると6個。
docomoのパスワードって何種類あるの?」参照。

23.ホーム画面に、よく使うホームページのブックマークを表示できる?
できる。
例えば、docomoの料金確認ページとか、よく使うページへのショートカットをホーム画面上(「よく使うブックマーク」へ登録)に作れます。
f06f_bookmark.png
(1)登録したいページを見ている状態で、[メニュー]→[ブックマークに登録]を操作する。この操作で、まずは「ブックマーク」に登録を済ませます。(この時、同画面にて続けて、「ホーム画面に貼る」操作ができます。)
(2)次に、[メニュー]→[ブックマーク一覧]を選んでから、[メニュー]→[ホーム画面に貼る]にて、(1)で登録したブックマークを選んで、画面上部の「ホーム画面に貼る」を押します。

24.テザリング
Wi-Fiテザリング、USBテザリング、Bluetoothテザリングのいずれもできます。

25.dアカウントのロックの解除
・Wi-Fiやテザリングで利用中の場合はOFF。
・「dメニュー」にアクセス。
・画面のずーっと下の方にある「My docomo(お客様サポート)」を選択。
・「メール・パスワードなどの設定」を選択。
・「dアカウントメニュー」を選択。
・「ID/パスワードの確認・ロック解除」を選択。
・ネットワーク暗証番号を入力。

26.タッチ操作
基本的に強く押し込まないと「押す」とならないので注意(らくらくタッチ)。ただし、Google Playアプリはこれが効かないのでやっかい。無条件に「強く押し込まないと「押す」にならないよ」の設定だけで良いと思うのだが。

27.メールの着信音と長さの設定
メール受信時の着信音や長さを、「本体設定」で設定したもの別にしたい時は、ホーム→「メール」→「設定」→「受信」にて設定する。

ぐっどらっこ。