Facebookへ自動投稿してくれるWordpressのプラグインとして、これまで、

Add Link to Facebook

というプラグインを使っていました。

しばらく前から、記事内の画像をFacebookへ登録してくれなくなりました。
まあいいかと、ほうって置いたのですが、毎回、同じ画像もなんだなと思い、
他のプラグインを探して設定してみました。

そして、今回、使ってみたのが

Facebook Auto Publish
https://ja.wordpress.org/plugins/facebook-auto-publish/

です。
Facecbookへの設定も、Wordpress側のプラグインも、投稿時の使い方も
簡単なので、しばらくはこのプラグインのお世話になりたいと思います。

●Facebook側の設定
・「新しいアプリを作成」でアプリ名(なんでもOK)とメルアドを指定。
・左サイドの「設定」→「+プラットフォームを追加」→「ウェブサイト」でブログのURLを指定して「変更を保存」。
・左サイドの「アプリレビュー」で「公開」に設定。カテゴリーは「ページ用アプリ」を選択。
・左サイドの「Facebookログイン」でOAuthリダイレクトURLを指定。←※1
 設定するURLは、Wordpress側「Facebook Auto Publish」のSetting画面に表示(下図の赤枠部分)されています。

●Wordpress側のプラグインの設定
・左サイドの「Facebook Auto Publish」のSettingで以下を設定して「Save」。
  Application name → なんでもOK
  Application id → Facebookのアプリの画面に表示されているid
  Application secret  → Facebookのアプリの画面に表示されているsecretコード
・「Authorize」ボタンが表示されるのでクリック。公開レベルを指定したりします。
・「Authorize」ボタンを押した時、「URLを読み込めません:このURLのドメインはアプリのドメインに含まれていません。このURLを読み込むには、アプリ設定のアプリドメインに全てのドメインとサブドメインを追加して下さい。」という画面が表示されたら上記の※1を忘れているので設定しましょう。

facebook_auto_publish.png

こんな感じです。

ぐっどらっこ。

Android 8.0 Oreoにバージョンアップしてから、Nexus 5X/Pixelで、WEPの無線LANに接続できない現象が発生しています。Android 7.0 Nougatのときは接続できていました。
いまさらWEPかよ...なのですが、諸事情でWEPを使わざるを得ない状況です。
なのでWPAにするわけにいかず、波も1種類しか出せないタイプの装置なので、困っています。

↓同じ悩みでお困りの方のフォーラムです。
Pixel User Community
WiFi Connection Problems After Android 8.0 Oreo
https://productforums.google.com/forum/#!topic/phone-by-google/wuLhKFdbQGU

試してみたこと。

・セーフモードで起動してもつながらないのでサードパーティー製のアプリのせいではない。
・Wi-Fi APの再起動をしてもつながらない。そもそも、他の端末からのWEP接続は可能。
・Google Playのキャッシュを削除するといいよという噂を聞いたので削除するもだめ。
・問題の端末の再起動、機内モードのON/OFFをいろいろなパターンで試すもだめ。
・既存の設定を削除後、SSID、接続方式にWEPを手動で指定しても接続できない。
・エラーは
 NETWORK_SELECTION_DISABLED_ASSOCIATION_REJECTION=5

android_oreo_wep_wifi.png

といういわけで、お手上げ状態です。
一刻も早く接続できるようになることを望みます。

ぐっどらっこ。

「取って置きのかめぐち酒」という名前の日本酒。
新潟県柏崎市の山あいの高柳地区にある酒蔵、石塚酒造の熟成生原酒です。
四段仕込みで、こくがあって、あと味がスッキリとした、とても美味しい日本酒です。

kameguchi.jpg

新しいサイトの「商品情報」ページ
http://www.himenoi.com/products/

ネットショップサイトの「商品情報」ページ
http://park23.wakwak.com/~kameguchi/seihinn/totteoki.html

柏崎市周辺の酒屋さんでしか手に入りません。
酒蔵で直販をしていて、電話やFAX、Eメールでも購入できます。

石塚酒造株式会社
〒945-1502 新潟県柏崎市高柳町岡野町1820-2
TEL:0257-41-2004 / FAX:0257-41-3080
info@himenoi.com (@が全角になっています)

ぐっどらっこ。

設定した転送プロトコルが「FTP」の時、サーバーの設定なのか、WinSCPのソフトの問題なのか、時々、サーバー上のファイルのタイムスタンプがずれて見えることがあります。

今回は、サーバーの時刻が9時間進んで見える場合の調整方法です。

1.セッションの「編集」で編集モードに入ってから、転送プロトコルをSCPに変更。

winscp1.png

2.「設定」ボタンをクリックして、環境→サーバ環境→タイムゾーン補正で「-9」を指定する。

winscp2.png

3.「OK」→1で変更前のプロトコル(「FTP」)に戻し「保存」をクリック。

以上で完了です。
それでは、快適なWinSCPライフをお過ごしください。

ぐっどらっこ。

VAIOがすぐに(2分)スリープしてしまう件

VAIO(SVT1312AJ)に、
Windows 10の2017年11月のWindows Updateを適用したら、
放置状態にすると、2分でスリープするようになってしまいました。
同じ悩みでお困りの方は以下をお試しください。

1.レジストリエディタで
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\238C9FA8-0AAD-41ED-83F4-97BE242C8F20\7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0

Attributes を 2 に変更する。
この設定を行うと、電源プランの画面に「システム無人スリープタイムアウト」という項目が表示されるようになります。

2.コンパネ→電源オプション→左サイドの「コンピュータがスリープになる時間を変更」→「詳細な電源設定の変更」

アクティブになっているプランの「スリープ」→「システム無人スリープタイムアウト(system unattended sleep timeout)」の
・バッテリ駆動
・電源に接続
のそれぞれの値を、好きな値に変えてOKをクリック。

system_unattended_sleep_timeout.png

私の場合、
・バッテリ駆動 2→20
・電源に接続 2→0(無限)
にしたところ、以前と同じ状態になりました。

ぐっどらっこ。

このアプリは確認されていません google

2017年7月18日から、OAuthと各種APIを使ってG-SuiteのデータにアクセスするWebアプリ(GAEやGCPなどでつくったもの)やApps Scriptsで、下記のような「このアプリは確認されていません」という警告文が表示されるようになりました。

google_auth_app01.png

回避策は3つほどあります。
1.画面下部の「ドメイン名(安全ではないページに移動)」をクリックして、次画面の「テキスト入力」欄に"次へ"と日本語で入力して「次へ」リンクをクリックする。

google_auth_app02.png

2.アプリで、どんな情報を何のために取得するかを記載したPrivacy Policyページを作成後、OAuth Developer Verification Formに記入してGoogleの承認を待つ。
https://support.google.com/code/contact/oauth_app_verification

3.G-Suiteの特定の1組織に向けたアプリの場合は、GCPのアプリが所属するプロジェクトをその組織に属するように「移行」を行う。(変更前は「組織なし」となっているはず)
https://console.cloud.google.com/cloud-resource-manager

です。
不特定多数(@gmail.com)に向けたウェブアプリやApps Scriptsは1か2で対応するしかないですが、一度、1の操作を行って、要求されたスコープのリクエストの許可を行えば、その許可を削除するまでは「このアプリは確認されていません」画面は表示されないので、まあしょうがないかなと。

詳細は
https://gsuite-developers.googleblog.com/2017/07/new-security-protections-to-reduce-risk.html
https://support.google.com/cloud/answer/7454865
をご覧ください。

ぐっどらっこ。

iPhoneやiPadで、safariを使ってホームページを見ている時に、共有アイコンshare1.png(□に上向きの矢印がついたアイコン)からDropboxを選ぶ(※1)と、PDF化してDropboxに保存してくれる機能は以前からありました。
これはDropbox様が提供してくれている機能です。

※1 共有アイコンの一覧にDropboxがないときは、共有アイコンの列の一番右の「その他」(点3つのアイコン)をタップしてDropboxをONにします。

safari_pdf1.png

iOS11からは、DropboxをインストールしていないiPhoneやiPadでも、共有アイコンから「PDFを作成」を選ぶことで、iPhone内やGoogle DriveにもPDF化しての保存ができるようになりました。

safari_pdf2.jpg

さらに、この機能がすごいところは、PDFにメモ書きできることです。
特定のヶ所を説明するときなどに超便利な機能です。
で、ここからがこの記事の本題です。
「PDFを作成」をタップし、メモ書きを行った後に、左上の「完了」→「ファイルを保存...」をタップすると保存先の一覧が表示され、そこで保存先を選ぶのですが、私のiPhoneの場合、なぜか「Dropbox-個人用」と表示された部分がグレーアウトしてタップできませんでした。したがって、画面右上の「追加」がタップできず、Dropboxへの保存ができませんでした。

safari_pdf3.jpg

いろいろ試した結果、次の方法で「Dropbox-個人用」を有効にできました。

1.ホーム画面に戻り、どこかの面にある「ファイル」アプリを探し、タップする。
2.画面右下の「ブラウズ」をタップする。
3.画面右上の「編集」をタップして、「場所」にあるDropboxをオン(すでにオンの場合は、オフ→オン)にして「完了」をタップします。

safari_pdf4.jpg

この操作の後、safariにて、改めて共有ボタンのクリックからの操作を行うと、今度は「ファイルを保存...」のタップで表示される保存先の一覧でDropboxが選択できるようになるはずです。
ここまでの操作を行っても、「Dropbox-個人用」がタップできない場合は「※1」の操作を行ってみてください。

Dropboxへの保存ができるようになって、ちょっとスッキリしました。
ぐっどらっこ。

ある日、突然の出来事でした。
FUJITSUのLIFEBOOK AH54/E(2011年冬モデル) Windows10(Creators Update)が突然遅くなりました。
フリーズではなく、がんばって動いている感じだったので、タスクマネージャーで調べてみると、なんとメモリが512MBになって、スワップしまくっているではないですか。
どおりで遅いはずです。

こんなときは、忍耐強く、以下の操作を行ってください。
決して、電源ボタンの長押しを行わないようにお願いいたします。

1.スタートボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリック。

2.「名前」に msconfig と入力し、OKをクリック。

3.「システム構成」という画面が表示されますので「ブート」タブをクリックし、「詳細オプション...」をクリック。
512mb_1.png

4.「ブート詳細オプション」画面の「最大メモリ」のチェックをオフにし、OK→OKで、最後に「再起動」をクリック。
512mb_2.png

5.ひたすら待つ。

再起動が完了すると、もとのサイズのメモリに戻ります。
この現象は、BUFFALOのRAMDISKユーティリティの仕業ですので、このユーティリティが不要な場合はとっととアンインストールしましょう。

ぐっどらっこ。

さくらのレンタルサーバーでやってみました。Wordpressは4.8です。
短時間で済む簡単な作業ですが、プラグインで「Wordpress HTTPS」を使っている場合は、ひと手間必要ですので注意してください。
それでは、手順の説明です。

1.コンパネから新しいデータベースを作成します。
すでに、データベースユーザーは作成してあると思うので、データベース名を指定するだけで完了です。

2.その「データベースの設定画面」内の「管理ツール ログイン」をクリックして、phpMyadminへログインします。

3.左サイドメニューから、コピー元のデータベースをクリックし、画面上部の「操作」タブをクリックします。

4.下のような画面が表示されますので、
 ・コピー先のデータベース名
 ・「コピーの前にCREATE DATABASEする」のチェックをオフ
を指定した後、「実行」をクリックします。サイトの規模にもよりますが、10秒位で終わります。

wp_site_copy.png

5.phpMyAdminへログインしているついでに、コピー先のデータベースに対して、いくつかの変更作業を行います。
(1)左サイドの「データベース」というリストからコピー先のデータベースを選択します。
(2)左サイドのテーブル一覧からwp_optionsテーブルをクリックします。(テーブル名のアンダーバーより前の部分は、コピー元のwp-configの設定で他のものになっているかもしれません。)
(3)option_nameカラムの値が siteurl(管理画面のURL)と home(公開用のURL)になっている2つのレコードについて、えんぴつアイコンをクリックして、 option_valueカラムの値を新しいWordpress用に書き換えます。末尾に / は不要です。
(4)これがこの記事のキモなのですが、コピー元でWordpress HTTPSプラグインを使っている場合は、「>」を数回押して、option_nameカラムの値が「 wordpress-https_ssl_host 」となっているレコードをさがして、そのレコードの option_value カラムの値を(3)のsiteurl で指定したフォルダと同じにします。こちらは末尾に / が必要です。
この(4)の作業を忘れると、管理画面にアクセスした場合に「404 ページが見つかりません」などのエラーとなり管理画面にアクセスできません。

6.つぎに、Wordpressのファイルを丸ごとコピーします。
FTPでの作業はダウンロード&アップロードでもよいのですが、SSHの操作に慣れているひとは、SSHでコマンドを実行したほうが早く終わります。
以下の例は、DocumentRoot直下にwp1というWordpressフォルダーがあり、それをwp2としてコピーする場合の例です。
 ・SSHでログイン
 ・cd www
 ・cp -pR wp1 wp2

7.コピー先のWordpressフォルダ下のいくつかのファイルを修正します。
・wp-config.php ←さくらの場合はDB_NAMEを変更するだけでOK
・.htaccess ←コピー元のフォルダ名があったらそれをコピー先のフォルダ名に変更
・index.php ←コピー元のフォルダ名があったらそれをコピー先のフォルダ名に変更

8.テーマのテンプレートの修正や、Wordpressの管理画面からデータベースのプラグインをインストールして、データベース内にあるコピー元のフォルダ名がセットされている部分を、コピー先のフォルダ名に置換...などの作業を実施する。

以上です。

ぐっどらっこ

なんてことでしょう。
バグでしょうか?
それとも、意図的なものでしょうか?
High Sierraにしたら、自動起動項目(ログイン項目)が全部消えました。
わかっていれば控えておいたのですが、消えてからでは、もはや、何が自動起動設定されていたのかわかりません。

その後、いくつかは、アプリの起動で自動的に設定されました。
困ったのが、ファンの回転数の制御です。
HDDをApple純正品ではないものに交換したために、ファンが暴走します。
これを緩和するための仕掛けをしていたと思うのですが、何をどうやっていたのか忘れました。

結果としては、以前コンパイルしておいたAppleScriptのappを、
システム環境設定→ユーザーとグループ→該当ユーザー→ログイン項目
へ登録するだけで復活したのですが、
いちおう、AppleScriptのコンパイルまでの手順を備忘録。

1.smcFanControlをダウンロードしてインストール。今はV2.6。
  https://github.com/hholtmann/smcFanControl の Compiled version から。
2.smcFanControlを起動して、Preferencesから「Autostart smcFanControl after login」のチェックON!これで、起動時に自動的にタスクバーに温度と回転数が表示される。
3.AppleScriptエディタを開き、下記を入力してコンパイルをクリック。下記は3000rpmの例。

tell application "Terminal"
activate
do script with command "/Applications/Utilities/smcFanControl.app/Contents/Resources/smc -k F1Mx -w 0bb8"
end tell

4.ファイル→保存→ファイルフォーマットを「アプリケーション」にして、xxx.appとして保存
5.システム環境設定→ユーザーとグループ→該当ユーザー→ログイン項目で、4のアプリを登録

smcFanControl.png

以上です。

ぐっどらっこ