テクニカルインフォアーカイブ

GoogleのChromeブラウザの拡張機能に「Awesome Screenshot」というスクリーンショットを取得できる便利なものがあるのですが、つい最近のバージョンアップ(→3.9.23)で、ブラウザのタブ内の操作や、パソコンの画面全体の操作の録画がお手軽にできるようになりました。
無料版では30秒まで録画できます。

awesome_screenshot.png

パソコンへの保存時のファイルタイプは、.webmなので、再生にはChromeやFirefoxなどのブラウザか、VLCメディアプレイヤーなどの再生ソフトが必要になります。

んーーー、便利だけど、何に使う?

ぐっどらっこ。

一押しは

HUAWEI nova lite

novalite.png

です。
主な仕様は、(詳細はこちら

  • Android 7.0
  • Kirin655 8コア
  • RAM:3GB、ROM:16GB
  • Micro-SDスロット(最大128GB)
  • バッテリ 3000mAh
  • 5.2インチディスプレイ
  • メインカメラ 1200万画素
  • docomo系 Nano SIM×2 FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
  • センサー:加速度, コンパス, 環境光, 近接, 指紋。ジャイロなし。

です。

購入は、MVNO会社から「一括購入」が間違いなさそうです。SIMも買うことになるので、SIMとのセットで購入することになると思います。
Amazonで買うときは価格や販売元をよく確認して購入しましょう。
NTT系のgoo simsellerで買うのも良いかもしれません。

現在は、あちこちで売り切れのようです。

ぐっどらっこ。

epson scan 2を起動するも「追加」を押せない

EP-879Aなるプリンターを購入しました。良いです、これ。

「一括インストール」で余計なソフトが入るのが嫌だったので、プリンタードライバー、EpsonScan2のみをダウンロードして、インストールしました。
プリンターはWi-Fi接続です。

プリンタードライバーは正常にインストールできて、テスト印刷もOK。
さて、次はスキャンソフト...とばかり、epsonscan2をインストールし、ショートカットアイコンをダブルクリックすると、下のような画面のままで、プリンターは一覧にも現れず、「追加」ボタンも押せません。

epsonscan2_2.png

そんなときは、一旦、epsonscanを終了して、
epsonscan2ショートカットをマウスの右ボタンでクリック、
表示されたメニューから「管理者として実行」を左クリック。

epsonscan2_3.png

すると、「追加」ボタンが押せるようになります。

ぐっどらっこ。

Google Cloud Platformの無料枠

探すのにいつも手間がかかるので、ここにメモ。

gcp_logo.png

2017年3月9日にGoogle Cloud Platformの無料枠が拡大されました。
いろいろなプロダクトが無料でできる「使用制限」(無料試用枠)について説明しているGoogeのページは↓こちら。

Always Free の使用制限

ぐっどらっこ。

LTEのSIMが使えるノートパソコン VAIO S11

ちょっとお高いですが、コストより利便性を求める方にはおすすめの1台です。

vaio_vjs1111_1.jpg

VAIO S11(VJS1111)は、LTEのmicro-SIMを背面から直挿しできるノートパソコンで、Wi-Fiが使えない環境でも、自動的に携帯通信に切り替わるので、スマホのテザリングやモバイルルーターをいちいちオンにする必要がありません。

vaio_vjs1111_2.jpg

CPUスペックは最新のものではないですが、でも、通常の利用には全く不便を感じません。
特徴ですが

  • LTEのmicro-SIMが直挿しできる(docomo系のMVNOがおすすめ)
  • 対応しているバンドは LTE:1、3、8、11、19、21 3G:1、8、11、19 (最新WANファームウェアはこちらから)
  • 画面サイズは11インチ
  • 長寿命バッテリー 14時間
  • ストレージはSSD。ハイスピードSSDが選択可能
  • 筐体の剛性感がよい。タフ
  • キーボードのタッチフィール、ストロークの深さがよい。バックライト付き
  • キートップがテカらない
  • 有線LANポートがついている
  • VGAポートは付いているが、HDMIポートはない
  • USB Type-Cポートがある(ここに別売ドッキングステーションをつなげると、HDMI、キーボード、有線マウスなどの接続を拡張できる)
  • Wi-Fiはac対応
  • 重量は1kg弱。軽い
  • TPM搭載

いかがでしょうか?
日本中をかけめぐる、そして世界を股にかけてビジネスをするあなたにおすすめの一品です。

ソニーストア

ぐっどらっこ。

EPSONのEP-978A3を、Windows7 64bitのパソコンから使えるようにしようとソフトを入れたところ

splwow64.exe システムエラー
コンピューターにMSVCR80.dllがないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するにはプログラムを再インストールしてみてください。

というエラーが3分おきに表示されるようになって、とてもうざいです。

MSVCR80_dll_error.png

EPSONのソフトを再インストール(そもそもどのソフトが悪いのかわからず)しても直らず。
結局、

コンピューターにMSVCR80.dllがみつからないと表示される場合の対処方法

からプログラムをダウンロードして実行したら直りましたとさ。

ぐっどらっこ。

このブログはシックス・アパートさんのMovableTypeというCMSを使って作っています。

本日、とある記事の修正のために、Chromeを使って記事編集画面で「更新」をクリックしたら

このページは動作していません
このページで通常と異なるコードを検出したため、個人情報(例: パスワード、電話番号、クレジット カード番号)を保護するために、ページをブロックしました。
サイトのホームページにアクセスしてみてください。
ERR_BLOCKED_BY_XSS_AUDITOR

なるエラーが発生し、ブログが更新できなくなりました。

あー、ブログの更新も今日で終わりかぁ...

というわけにもいかないので、SAKURAのサーバーコンパネで共有SSLを使えるように設定変更して、管理画面のURLを共有SSLを使うようにしたら、ご覧の通り、記事の投稿や更新ができるようになりました。
Chrome以外のブラウザを使えば、とりあえずはしのげますが、パスワードをインターネット上へ流すにもかかわらず、平文のままではやっぱりよくないと思います。

もっと早くにやっておけ!ということでしょうか。

ぐっどらっこ。

WordPressでブログ投稿をした時に、Facebookへ自動的にPOSTしてくれる便利なプラグインはいくつかありますが、Add Link to Facebookプラグインを使っているサイトで

Facebook error: Invalid OAuth access token

というエラーが発生して、POSTできなくなりました。
原因は、3/27にFacebookが API v2.2を使えなくしたためで、最近、アップデートのないこのプラグインが動かなくなってしまったのでした。

Add LinkToFacebook.png

Add Link to Facebooがv2.3の場合、
プラグインフォルダ内の add-link-to-facebook-int.php を次のように修正すると動くようになります。

// 144行目あたり
static function Process_fb_token($response) {
$key = 'access_token=';
$access_token = substr($response, strpos($response, $key) + strlen($key));
$access_token = explode('&', $access_token);
$access_token = $access_token[0];
return $access_token;
}

static function Process_fb_token($response) {
$key = 'access_token=';
$access_token = json_decode($response)->access_token;
// $access_token = substr($response, strpos($response, $key) + strlen($key));
// $access_token = explode('&', $access_token);
// $access_token = $access_token[0];
return $access_token;
}

ぐっどらっこ。

ChromeやFirefoxなどのブラウザを使っている場合で、ログイン画面やフォームで、以前入力したテキストが表示(オートコンプリート)されて、入力に便利な時ってありますよね?

でも。、ログイン画面なんかで、間違えて入力したIDなんかも覚えられてしまって、あーうぜぇー...って思うことってありますよね?

「閲覧履歴の消去」で「入力フォームのデータ」の消去をすれば消せますが、その方法では特定のものだけを消すって難しいです。
そんなときは、ドロップダウンリストから対象の文字列を選んだ状態でSHFTキーを押しながらDELキーを同時に押しましょう。
削除できます。

例えばこんな感じです。

1.ドップダウンリストを表示するために、入力欄をクリックします。

chrome_dropdown1.png

2.削除したい文字列にマウスを合わせます(クリックしないこと)。カーソル移動用の↑や↓の矢印キーで選択しても良いです(Enterは押さないこと)。

chrome_dropdown2.png

3.SHFTキーを押しながらDELキーを同時に押します。選択されていた文字列が消えます。

ぐっどらっこ。

Chromeでフレームのページを印刷する方法

Chromeで印刷しようとする時、ページの途中までしか印刷できないことってあるじゃないですか?

そんなサイトってフレームという仕組みで作られていたりする場合があるわけですが、拡張機能なしで全体を簡単にきれいに印刷する方法があります。

1.印刷したい対象のフレーム内の任意の場所をクリック。
2.Ctrl+A
3.Ctrl+P

frame_print2.png

以上です。選択状態になって見える部分も、反転せずにキレイに印刷されるので心配しないでください。

ぐっどらっこ。