Outlook(2007、2010、2013、2016)からThunderbirdへの移行

Outlook 2007からThunderbirdへの移行は、

Outlook 2007 から Thunderbird への移行

によれば、簡単に済むはずだったのだが、「Outlook」という項目がグレーアウトしていて、ラジオボタン選択後に「次へ」をクリックしても無反応で移行できず。もちろん、Outlookが既定のメールクライアントになっている。

outlook_to_thunderbird1.png

わけがわからん。

というわけで、手動でデータを移行することにした。
周知の通り、ThundebirdにはOutlookのデータ(PSTファイル)を直接取り込む機能はない!
下記の作業であれば、Outlook 2007 を含め、Outlook 2010、2013、2016からThunderbirdへの移行も可能である。
なお、この作業の前に、Thnderbirdへメールアカウントの登録は済ませておこう!

行った作業は次の通り。

まずは、メールデータの移行。
1.「Outlook Export Tool」(山本隆さんのサイト)からZIPファイルをダウンロードし解凍。
http://www.yamamototakashi.com/soft/outlookexporttool/

2.1で解凍した「OutlookExportTool.exe」をダブルクリックで実行。
「全フォルダのエクスポート」を選べばOutlook内の全データファイルの全フォルダを一発でエクスポートできる。
「エクスポート形式選択」画面では、「eml形式 (.eml) 添付ファイルあり」を選択する。
なお、この作業を行う際には、ウイルス対策ソフトを無効にしておくこと。そうしないと、ウイルスを検出するたびにツールの動作が止まってしまう。(exeやJSを実行するわけではないのでウイルス対策ソフトを一時的に無効にしてもだいじょうぶ)
また、Outlookへのデータアクセスの許可ダイアログが表示されることがあるので、その場合は「10分」などの時間を指定する。

outlook_to_thunderbird2.png

3.エクスポート作業が終わったら、次はThunderbirdによるインポート作業。
Thnderbirdには、emlデータのインポート機能はないので、ImportExportToolsアドオンをダウンロードして、Thnderbirdにインストールする。
https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/importexporttools/

4.任意のアカウント内にインポート用の仮のフォルダを作成し、そのフォルダ名を右クリック→「フォルダからすべてのemlファイルをインポート」→「サブフォルダも含む」を選択し、インポートを実行。

5.インポートしたフォルダやメールを、然るべき場所にドラッグ&ドロップすれば、メールデータの移行作業は完了である。

次にアドレス帳の移行。
6.Outlookにて、連絡先のデータを「テキストファイル(Windows、カンマ区切り)」形式でCSVファイルとしてエクスポートする。
・Outlook 2007の場合
「ファイル」→「インポートとエクスポート」→「ファイルへエクスポート」→「テキストファイル(Windows、カンマ区切り)」
・Outlook 2010、2013、2016の場合
「ファイル」→「開く/エクスポート」→「インポート/エクスポート」→「ファイルにエクスポート」→「テクストファイル(カンマ区切り)」

7.Thnderbirdにて、(Altキーを1回押して)メニューより「ツール」→「設定とデータのインポート」→「アドレス帳」→「テキストファイル(LDIF,.tab,.csv,.txt)」にてインポートを実行。
読み込む項目と読み込み先の対応付の設定が必要だが、「姓」「名」「表示名」を最低限対応付けておけば良いだろう。

作業は以上である。
大変な作業のようにも見えるが、思ったより簡単なので、心配しなくてもOK。

ぐっどらっこ。