2018年2月アーカイブ

突然、Windows7の動きがもっさりするようになりました。
全体的に動作が遅いんです。
特に顕著なのは、日本語変換で候補が表示されるのに時間がかかったり、ファイルやフォルダーを右クリックすると、いつもはスパッと表示されたメニューがいつまでたっても表示されず、マウスカーソルがぐるぐる表示になります。
でも、CPUやディスクのI/Oの負荷はそれほどでもない。

ふと、システムトレイに赤い×マークの付いた黄色いアイコンがいるではないですか。
いつの間に。犯人はこれかと。
「ノートン セキュリティ」なる、百害あって一利なしのソフトがいつの間にかインストールされていて、そいつがいつの間にが自分の都合で不具合を起こしている模様。FLASHとかJAVAとか、アップデートする時にオプションのチェックをはずし忘れるとスルッとインストールされてしまうんですよね、これ。

さっそくアンインストール作業を。
コントロールパネルの「プログラムと機能」からアンインストールを試みるも、一向にアンインストールする気配がない(タスクマネージャーで確認しても、何もしている様子がない)ので、タスクマネージャーからノートンのアンインストーラーをいったん強制終了。

気を取り直して、
https://support.norton.com/sp/ja/jp/home/current/solutions/v60392881_EndUserProfile_ja_jp
のページを見ながらツールをダウンロードして実行。
この時、使用許諾の同意後の次の画面で、「拡張オプション」を選んで「削除」のみで進めましょう。説明通りにすすめると、また、ノートン セキュリティがインストールされてしまいます。

notrton1.png

今回は終わるまでじっとがまん。10分以上かかったように思います。
パソコンを再起動しろと言ってくるので、ノートンの画面内の「今すぐ再起動ボタン」をクリックして再起動します。

再起動後、うそのようにパソコンがサクサクと動くようになりました。
本当にだめだめなシマンテックさんです。

ぐっどらっこ。