Windows10の左下の窓アイコンをなんと呼ぶ?

どうでもいいお話なのですが、Windows10の操作方法を説明する際、タスクバー(これすら知らない人がいるけど)左端のウィンドウマークのアイコンを「スタートボタン」と話すも、「え?何、スタートボタンって。」と反応する人が少なくありません。

start_button1.png

いにしえのXPの時代、そこには「スタート」と書かれていたので、初心者でも理解してもらえました。
7の時代は、スタートボタンにマウスを合わせると「スタート」と控えめな表示がされるので、それが「スタートボタン」と確認できました。

Windows10では何も書かれていないし、ポップアップ表示されません。

一体マイクロソフトは何を考えているのでしょうか?
もっと、人に説明しやすい表示にしてほしいです。

と、ぐちになってしまいましたが、ここで疑問が。
Windows10でも、このウィンドウアイコンを「スタートボタン」と呼ぶのだろうか?
もしかして、ここからはじめるので、ゲイツボタンと呼ぶようになったのでは?

調べました。
Windows10には、マイクロソフトが提供する、「はじめに」というアプリがあるのですが、そこにしっかり以下のような説明がありました。
Windows10でも、スタートボタンはスタートボタンと呼ぶようです。

start_button2.png

ほっ。

ぐっどらっこ。