Thunderbirdでメールが消える件(無視スレッド編)

Thunderbirdでメールが消える件です。

予兆はあります。
消える前に、一覧画面の左端に、赤いに「車両通行止め」のような表示されます。
Thunderbirdを再起動させると、赤い印がついていたメールが消えます。

thunderbird_ignore_thread1.png

一覧画面でメールが選択されている状態で、キーボードの k を押すと赤い印が表示されます。
この印のついたメールは「無視スレッド」と呼ばれます。
Thunderbirdの表示設定のデフォルトは、「無視スレッド」を表示しない設定になっているので、Thunderbirdを再起動したりすると「スレッドを無視」と設定されたメールが消えてしまうのです。


消えたメールを再び表示させるためには、メニューバー(表示されていないときはAltキーを押す)から「表示」→「スレッド」→「無視スレッド」を選択します。

thunderbird_ignore_thread2.png

こうすると、赤いしるしがついたメールが常に表示されるようになりますが、メール自身は無視スレッドのままなので、それを解除するために、一覧の中から赤い印のついた行のどれでもいいので1つクリックして選択状態にした後、キーボードの k を押すと赤い印が消えます。

無視スレッドではないメールで k を押すと「無視スレッド」になります。
無視スレッドのメールで k を押すと「無視スレッド」は解除されます。

ぐっどらっこ。