outlook2010での添付メールがWinmail.dat になってしまう現象

Outlook 2010やOutlook 2007を使って添付ありのメールを送ると、相手が添付を正常に開けず、Winmail.dat という添付ファイルに見えてしまう現象。

この問題は、Outlook 2010では治っていたと(かってに)思っていたんだけれど、まだ起こっていたのね。
以前のバージョンでは、相手ごとにメール形式を変えるだのなんだのと、とても面倒な設定が必要で、その割にはだめだった時もあったのだけれど、Outlook 2010やOutlook 2007ではレジストリで対応できるので、効果は高いのだろうか。

詳細・解決策は以下をご覧ください。
Microsoft サポートページ

Outlook 2010 または Outlook 2007 を使用して電子メール メッセージを送信すると、Winmail.dat という添付ファイルがメッセージの受信者に表示される

■2012.10.21 記
あーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、
http://www.eripyon.com/mt/2009/11/winmaildatoutlook_2007.html
に同じことを書いていた。
つい最近、winmail.datになるよとの指摘を受けたんだが、
2010にしたとき、し忘れたんだろう。
そういうことにしておこう。